老後の見守りサービスは『HOME ALSOK みまもりサポート』に決まり!

老後を考える

これはぼくの知人の話。

知人は、地元を離れて東京で仕事を見つけ、生活していました。

母はすでに他界しており、地元に父を一人残しての上京でした。

仕事で忙しくしている間に、時はあっという間に経ち、父は80歳を超えていました。

久しぶりの地元帰省のために携帯メールで連絡を取り合っていた折、帰省当日に急に返事が来なくなりました。

いつもはすぐ返事をくれるのに。おかしい。

しかも、今日帰省だからいつも以上に連絡を気にしているはずなのに。

不審に思った知人は、地元に残っている親戚に連絡しました。

悪い予感は的中。

父は、自宅内でひとり倒れていました。

幸い、早急に病院に行けたため大事には至らずに済みました。

それから知人は父のために『見守りサービス』を使用しています。

前回はたまたまラッキーだった。絶対に予防するべき。うかつだった。

と。

あなたは、遠く離れた両親とこまめに連絡を取り合っていますか?

こまめに連絡を取り合えないほどに日々忙しくしていませんか?

その場合に、どのようにケアしていますか?

ぼくは、さっそく『見守りサービス』を検討することにしました。

HOME ALSOK みまもりサポート

様々な『見守りサービス』の中で群を抜いて素晴らしいのが

『1,2,3,4 アルソック』のALSOKが提供している見守りサービスです。

家の警備だけでなく、離れた家族の見守りサービスも提供しています。

そのサービスの特長と料金を詳しく見ていきましょう。

手厚い見守りサービス

まずは、何と言っても手厚いサービスです。

警備会社として最大手のパワーをいかんなく発揮した、フルサポートを提供しています。

下のようなコントローラーによるサービスをベースに様々なサービスを提供しています。

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

ボタンひとつで駆け付ける

コントローラーの『緊急』ボタンを押せば、24時間365日すぐに駆け付けてくれます。

体調が悪くなった時や、ケガをしてしまったときなど、自分でボタンを押せる場合には心強いですね。

自宅からいつでも相談できる

『相談』のボタンを押すことで、24時間ALSOKのヘルスケアセンターに下のような相談ができます。

ヘルスケアセンターには看護師が常駐しているので、気になることを気兼ねなく相談できるのがいいですね。

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

救急情報登録で、もしもの時も安心

あらかじめ持病やかかりつけの病院などを登録しておくと、救急隊員へその情報をスムーズに伝えてもらえます。

救急車での搬送時など、自分では伝えられない状況で必要な情報を伝えてもらえるのは安心ですよね。

充実のオプション

上記のサービスでも十分安心出来ますが、それぞれのご家庭の事情に合わせて様々なオプションサービスを揃えていることも魅力です。

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

『オプションを付けたほうがいいのか。』

『付ける場合はどのオプションを付けるべきか。』

などはALSOKの担当者と相談して決めることが出来るので、ご家庭の状況に合わせた最適な提案をしてもらえます。

契約期間・料金体系

契約期間は2年間、その後1年単位での自動更新です。

料金体系が明確なのも、さすがは警備会社最大手です。

『まずは相談。』のような、相談しないと何にいくらかかるのか分からないサービスとは違うのが素晴らしいです。

また、その料金体系もご家庭に合わせて選べるようになっているのが嬉しいです。

詳しく見ていきましょう。

コントローラーのみ。オプションなしのプラン

3つのプランが用意されています。どのプランを選んでも受けられるサービスは同じ内容!

ご家庭のお財布事情や、サービスを受け始めるときのご年齢などに合わせて料金の支払い方法を選べます。

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

お買い上げプラン・・・

コントローラーの設置工事代とコントローラー本体の代金を一括で支払う形式です。
3つのプランのうち、一番初期費用が高いです。
その分、月額料金は安く済むため、長期利用を前提としている場合には、お得になるプランです。

レンタルプラン・・・

コントローラーの設置工事代は一括で支払い、コントローラー本体の代金はレンタルとして支払う形式です。
工事代は支払っているものの、コントローラーはレンタルとなるので、その分月額料金が高くなっています。

ゼロスタートプラン・・・

コントローラーの設置工事代とコントローラー本体の代金ともに支払わなくていいものの、月額料金がその分高くなっています。
初期費用は安く抑えられるものの、長期で利用する前提だともったいないことになります。

様々なケースで、どのプランが最適なのか検討してみましょう。

ケース1 65歳で契約、その後15年継続契約した場合・・・

例えば、65歳定年再雇用も終え、本格的な老後のスタートと一緒に契約する場合などは

『お買い上げプラン』が一番お得になる可能性が高いでしょう。

初期費用 47,000円 = 工事費11,000 + 機器費36,000

月額費用総額 306,000円 = 1,700 × 12か月 × 15年

総支払額 353,000円 = 初期費用47,000 + 月額費用総額306,000

月あたり費用 1,961円 ≒ 353,000 ÷ (12か月 × 15年)

ケース2 75歳で契約、その後5年継続契約した場合・・・

例えば、足腰も弱くなり健康不安が出てきた75歳で契約した場合はどうでしょうか?

『お買い上げプラン』の場合

初期費用 47,000円 = 工事費11,000 + 機器費36,000

月額費用総額 102,000円 = 1,700 × 12か月 × 5年

総支払額 149,000円 = 初期費用47,000 + 月額費用総額102,000

月あたり費用 2,484円 ≒ 149,000 ÷ (12か月 × 5年)

『レンタルプラン』の場合

初期費用 11,000円 = 工事費11,000

月額費用総額 144,000円 = 2,400 × 12か月 × 5年

総支払額 155,000円 = 初期費用11,000 + 月額費用総額144,000

月あたり費用 2,584円 ≒ 155,000 ÷ (12か月 × 5年)

わずかですが、この場合も『お買い上げプラン』が一番お得という結果になりました。

まとめると、

52か月以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得!

20か月~51か月契約するなら、『レンタルプラン』が一番お得!

19か月以下契約するなら、『ゼロスタートプラン』が一番お得!

ただし!!!契約期間は2年間、その後1年単位での自動更新です。

つまり、『ゼロスタートプラン』を19か月だけ契約することは実質不可能!

52か月以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得!

20か月~51か月契約するなら、『レンタルプラン』が一番お得!

19か月以下契約するなら、『ゼロスタートプラン』が一番お得!

ご家族の年齢を考慮して、5年以上契約しそうなら初期費用はかかるものの『お買い上げプラン』を選ぶのがいいでしょう!

契約期間は2年間。『ゼロスタートプラン』が一番お得になる契約の仕方は実質不可能!

オプションを付ける

次に、コントローラーのサービスに加えてオプションを付ける場合の料金体系を見ていきましょう。

ペンダント型非常押しボタン

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

首から下げるペンダント型の緊急ボタンをオプションで付けることが出来ます。

コントローラーの緊急ボタンを首から下げることが出来るイメージで、コントローラーまで押しに行くことが出来ないほどに緊急事態が起こった時に役立ちます。

上記の料金表の通り、ペンダント型の機器代+8,300円を一括購入するかレンタルするかで料金が変わってきます。

このオプションを付けた場合は、

53か月以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得!

20か月~53か月契約するなら、『レンタルプラン』が一番お得!

コントローラーのみの場合と違い、53か月以上で『お買い上げプラン』が一番お得になります。

火災監視

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

キッチンや天井にセンサーを設置し、火災や煙を感知すると駆け付けてもらえるオプションです。

見守りサービスに付け加えて、万が一の火事にも対応できるため、より安心ですね。

上記の料金表の通り、センサーの設置工事費+3,000円と火災センサー代+11,500円を一括購入するかレンタルするかで料金が変わってきます。

このオプションを付けた場合は、

53か月以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得!

21か月~53か月契約するなら、『レンタルプラン』が一番お得!

コントローラーのみの場合と違い、53か月以上で『お買い上げプラン』が一番お得になります。

見守り情報配信サービス

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

壁や天井に人の動きを感知するセンサーを設置することで、生活リズムの正常・異常をメールで知らせてくれます。

このオプションを付ければ、冒頭の知人のケースのように、急に倒れてしまった場合などに家族がいち早く異常を察知できます。

コントローラーのみの場合は、親が自分でボタンを押す必要があるとこから、本当に緊急の場合をカバー出来ていません。

ペンダント型の緊急ボタンのオプションを付けても、ペンダントを首から下げるのをうっかり忘れてしまっている場合などは効果を発揮しません。

『見守り情報配信サービス』は、その点をしっかりカバーしており、オプションの中でも特に役立つものですね。

上記の料金表の通り、センサーの設置工事費+3,000円と空間センサー代+12,200円を一括購入するかレンタルするかで料金が変わってきます。

このオプションを付けた場合は、

53か月以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得!

21か月~53か月契約するなら、『レンタルプラン』が一番お得!

コントローラーのみの場合と違い、53か月以上で『お買い上げプラン』が一番お得になります。

ライフリズム監視サービス

引用:HOME ALSOK みまもりサポート

トイレのドアにセンサーを設置し、一定時間ドアが開閉されなければ、異常と判断してALSOKが駆け付けてくれます。

見守り情報配信サービスとの違いは、

  • トイレのみにセンサーを設置
  • 異常時にのみ検出
  • センサーが異常と判断したら駆け付けてくれる

一番の違いはセンサーが異常と判断したら、ALSOKが駆け付けてくれるということでしょう。

『見守り情報配信サービス』の場合は、たとえ異常時でもその情報を受け取った家族がALSOKに出動依頼をしなければ駆け付けてくれません。

また、依頼により出動してもらった場合には、別途3,000円(税抜き)の出動費用が掛かります。

その点『ライフリズム監視サービス』の場合には、

異常時にすぐに駆け付けてもらえるため安心ですし、センサーが異常と判断した場合には出動費用が掛からない点でお得です。

このオプションを付けた場合は、

54か月以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得!

21か月~54か月契約するなら、『レンタルプラン』が一番お得!

コントローラーのみの場合と違い、54か月以上で『お買い上げプラン』が一番お得になります。

日々、元気にやってるかの情報を細やかに欲しい場合には『見守り情報配信サービス』

異常時に、確実に早急に駆け付けてほしい場合には『ライフリズム監視サービス』

といった感じで選ぶのが良いかもしれません。

さいごに

『HOME ALSOK みまもりサポート』のサービス・料金体系をかなり細かく紹介しました。

各社がしのぎを削っている見守りサービスの中でも、警備会社最大手の強みを活かした充実のサービス分かりやすい料金体系で安心感が圧倒的です。

実際の契約に至るまでもきちんと担当者が付き、それぞれのご家庭に合わせた最適なプランを提案してくれるので安心です。

サービス内容をより詳しく知りたい場合にはWEBで資料請求をしてみましょう。

そのうえで、具体的な料金プランやオプションサービスの検討などに迷ったら、電話で問い合わせるのがいいでしょう。

いますぐに契約することはなくても、ご家族の安心と安全のために、情報を集めておいて損はありません。

ぼくの知人が体験したような『万が一』が起きる前に、備えておきましょう。

『HOME ALSOK みまもりサポート』のまとめ

1、警備会社最大手のALSOKが提供する見守りサービスです。

2、充実のサービスと分かりやすい料金体系で安心です。

3、5年以上契約するなら、『お買い上げプラン』が一番お得です。

4、オプションを付けるなら『見守り情報配信サービス』か『ライフリズム監視サービス』がおすすめ

5、まずはWEBで資料請求。具体的な料金プランなどは電話で問い合わせしましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました