【創業準備】特定創業支援等事業のメリットと注意すること

実業家への道

(2020/03/24 加筆)

タイトルに「注意すること」と入れているのに、全く注意することに触れていなかったので、加筆。

創業準備のため、最近、特定創業支援等事業の講義を受けてました。

特定創業支援等事業ってそもそもなにって方のために、簡単に説明します。

特定創業支援等事業って、なに?

特定創業支援等事業とは、平たく言うと、創業する前や、創業後5年未満の人に「経営」「販路開拓」「財務」「人材育成」の講義を提供してくれる事業です。

市区町村と地域の信金などの機関が連携して提供してくれるもので、市区町村のホームページや機関誌なんかをチェックすると募集をかけていたりします。もちろん無料。

知識を提供してくれるだけでなく、すべての講義を受講したうえで、市区町村から特定創業支援を受けた創業者として認定されると、様々な特典を受けることが出来ます。

特定創業支援を受けると得られるメリット

1.登録免許税の軽減

株式会社を設立する場合、最低15万円の登録免許税がかかるのですが、これが半額の7万5千円になります。合同会社なら、6万円が3万円に減額されます。めちゃお得です。

2.信用保証協会の増枠

信用保証協会の創業関連保証を受ける場合、融資の枠が1,000万円から1,500万円に増枠されます。

つまり、1,500万円までの融資を受けるときに保証人になってくれるということですね。

信用保証協会の保証制度を利用することで、融資の金利が有利になったり、融資期間を延長してもらえたりするので、利用しない手はないでしょう。

また、特定創業支援を受けた創業者として認定されると通常創業2ヶ月前からしか保証を受けたい旨の申請ができないところが、6か月前から申請できるようになります。

3.日本政策金融公庫の新創業融資制度の自己資金要件が免除される

日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業向けに資金の貸し付けを行ってくれる財務省所管の金融機関です。ここが創業者向けに提供している新創業融資制度を利用するための要件のうちのひとつである自己資金要件(創業資金総額の10分の1以上の自己資金を持っていること)が免除つまり、10分の1以上の自己資金を持っているとみなされるということですね。

4.その他融資金利の引き下げなど

そのほかにも日本政策金融公庫や各都道府県が行っている融資の金利引き下げや補助金の申請資格を得られたりします。

ただし、これらの特典にも、注意点があります!

注意すること

さまざまな特典が用意されている創業支援等事業の講座なのですが、注意することがあります。

それは、

特定創業支援等事業によって、

・受けられる特典に差がある

・特定創業支援を受けた創業者として認定されるまでにかかる時間に差がある

ということなんです。

これはぼく自身失敗したことなのですが、当初下記のような講義を受講していました。

・全5回の講義で、毎月第三土曜日の午前9時から午後13時まで。→「認定」までに5ヶ月もかかる!

・受けられる特典は、下記の2点のみ

1.登録免許税の軽減

2.信用保証協会の増枠のうちの保証を受けたい旨の申請が2か月前→6か月前

というものでした。

融資の枠が1,000万円から1,500万円に増枠されたりとか、その他の特典は一切ナシ!

受講開始してから気が付いて、衝撃を受けました。

特定創業支援等事業の講義なら、どの講義でも上記記載の特典をすべて受けられると思い込んでいたからです。

すでに1コマ受講していたのですが、すぐに受講をやめるご連絡をし、ちがう講義がないか調べました。

実際に最後まで受講した講義は、

・全5回の講義で、毎週日曜日の午後13時から午後17時まで。→「認定」までには5週間だけ!

・全5回の講義で、都合が悪く出席できなかった講義については後日個別補講を実施してくれる。

・「特定創業支援を受けると得られるメリット」で挙げた得点をすべて受けられる

・特定創業支援等事業として主催している会社のほかにも多数の協賛しており(地元信用金庫、商工会議所、日本政策金融公庫など)講義「卒業生」には手厚いフォローと「卒業生」同士のネットワークがある。

などなど、とても当初の講義とは比べ物にならないほど、特典満載でした。。

特定創業支援等事業の講義は住んでいる地域などによっては、なかなか多くの選択肢から選ぶことも難しかったり、時期的な問題で他に選択肢がなかったりなどあると思いますが、できるだけ多くの選択肢を見て、自分の目的に合った講義を受講するのが良いです。

受けない手はない

さまざまな特典が用意されている特定創業支援等事業の講義を受けない手はありません。

国を挙げて中小企業を支援しようとしているいまの時流に乗って、受かられるメリットはトコトンつかみに行く。

そのスタンスがなければ、創業しても事業を軌道にのせ拡大して行くことは難しいでしょう。

特定創業支援等事業の講義は毎月実施されているようなものではないので、ご自身のお住いの市町村のホームページなどをよく見て調べてみてください。

タイミングよく受講することが出来るようなら、知識は尽くし、積極的にコミュニケーションを取れば人脈もできるし、さらに何と言っても様々な特典を受けられるで、絶対に受講するべきです。

*新型コロナウイルスの影響で今年度の実施を中止している事業者もあるみたいです。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました