パナソニックのナノケアドライヤーは最高って話。

時短

もうタイトルが結論なんだけど、パナソニックのナノケアドライヤーは最高なのよ。

髪についてはちょこちょこブログに書いています。

身なりを整えるのは大事なことよね。

分かってるんだけど、身なりを整えるのって時間がかかるし大変なのも事実。

アイロンかけたり、靴磨いたり、髪セットしたり、、

「これらを時短できたら最高だよな。」って思ったのです。

最近は、

しなければならないこと = 家事の時短は、食洗器やルンバなどの導入で達成しつつあるので、

プラスアルファのしたほうがいいこと⇒例えば、身なりを整えることを時短しようとしています。

身なりを整えることの中でも、朝の忙しい時間を取られる髪のセットを時短できれば

効果は大きいんですよ。

朝シャンしなくてよくなるし、髪型を工夫すればワックス付ける必要もなくなります。

シャンプーをミレアムシャンプーにしたことで、ほとんど寝ぐせが付かなくなったんですが

それでもやっぱり髪にまとまりがなくて、なんとなく散らかってる感じになるときがあるんですよね。

変にまとまってしまっているというか、はねてないけどセットはされてないよなみたいな。

そういう時は、ワックスとかで無理矢理まとめようとするんだけど、上手くいかないこともおおいのよね。

で、気が付きました。ドライヤーがダメなんだと。

早く乾かすことを重視して、風量と風圧と熱量が強いドライヤーを使ってたんです。

たしかに、乾かすときは一瞬で乾かせるんですけど、「髪へのうるおい」とかは一切考えられていないので、

せっかくミレアムシャンプーでつるつるになった髪を活かしきれていなかったんです。

だから、買いました。

パナソニックのナノケアドライヤー

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ピンクゴールド EH-CNA9B-PN

新品価格
¥17,200から
(2020/2/10 00:55時点)

色は、ビビットピンク、ピンクゴールド、白の3色。

一言で言うと「最高」。

めっちゃつるつるになる。

特別なことはする必要なく、ただ風呂上りにドライヤーするだけ。

以前使っていたものと比べても、風量とか風圧に特別の不満はない。

熱量に至っては、髪の状態を察知して自動調整してくれているっぽいし、最高。

ただ髪を乾かすという行為に対する技術力と、そこから生まれる付加価値を詰め込みすぎ。

もう朝おきて本当に髪セットする必要ない。

もし前日の乾かし方が甘かったりして、なんとなくまとまりないなと思ったら、

髪を濡らしたりせずにドライヤーするだけで、髪がまとまります。

すごい潤うから、もしかしたら乾いた髪をドライヤーしたら潤うんじゃない!?

と「ドライヤー」の概念をぶっ壊すことをやってみたら、想像通り潤いました。

意味不明だけど、すごいよ。

パナソニックのナノケアドライヤーは、もはやドライヤーの域を逸していた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました