JCBの『スキップ払い』って知ってる?デメリットはあるのか?

節約
あっちゃん
あっちゃん

今月、ちょっと使いすぎたな~。

クレジットカード、便利なんですけど

『今月思った以上に使ったなー。支払い大丈夫かな、、』
何てことたまにはありますよね。

そんな時に便利なのが『スキップ払い』
『スキップ払い』のメリット・デメリットをとことん解説していきます!

『スキップ払い』には、リクルートカード(JCB)一択です!!!

『スキップ払い』とは?

女性
女性

「分割払い」や「ボーナス払い」、「リボ払い」なんかは聞いたことあるけど、『スキップ払い』は初めて聞いた!

なんて人も多いんじゃないでしょうか?
『スキップ払い』は、簡単に言うと、『クレジットカード支払いの後払い』です。
つまり、今月支払わなければならないクレジットカードの引き落としを、
最長6か月先までの自分の都合の良い月に変更できるサービスです。

「分割払い」や「リボ払い」と違い、支払そのものを先延ばしにすることが出来ます。

メリット

メリットは、以下の通り。

①最大6か月先までの都合の良い月に『後払い』できる。
②「分割払い」ではないので、月々の支払いは不要。
③支払うべき金利計算が簡単

ひとつずつ、詳しく説明します。

①最大6か月先までの都合の良い月に『後払い』できる。

最大のメリットにして、『スキップ払い』最大の特徴です。
最長6か月先まで『後払い』にすることが出来ます。
例えば、ぼくも使っている、リクルートカード(JCB)で、
3月に10,000円使った分を『スキップ払い』にする場合は、

『支払日の変更』

3月利用分の支払日は、4/10

スキップ払いを利用した場合は、5/10~10/10までの都合の良い月(最長6か月)

『支払い金利』

実行金利は15%(2019/04/14現在)です。つまり、下表のような支払いになります。

②「分割払い」ではないので、月々の支払いは不要。

支払額の全額をスキップするので、月々の支払いはありません。
つまり、「分割払い」「リボ払い」のように毎月の支払いを気にする必要がありません。

③支払うべき金利計算が簡単

特に「リボ払い」は金利計算が複雑で難しいです。
支払シミュレーションなどを使用しても毎月毎月支払額を計算なんてしませんよね?
『スキップ払い』なら、「何か月後にいくらの払えばいいのか」が明確なので簡単です!

デメリット

もちろん。いいことばかりではありません。デメリットもあります。

上の表を再掲します。

注目するべきは、『金利』

とにかく金利が高いです。年利15%もかかります。

最大の6か月先まで支払いを繰り越すと元金に対して7.5%も金利手数料を支払わなければなりません。

あっちゃん
あっちゃん

元金が少額なら耐えられるが、大きな買い物をスキップ払いするのはちょっと、、、

スキップ払いありきで大きな買い物をするのは避けた方が良いですね。

大きな買い物で支払いを先送りにしたいときは、『ボーナス払い』などを活用するのがいいですね。

あくまでも緊急回避的に少額をスキップすることをおすすめします。

『スキップ払い』が使えるJCBカードは少ない!

JCBブランドのカードでも、『スキップ払い』できないカードも多いです!(※)
『スキップ払い』が出来て、かつ還元率が良くて、貯まるポイントの使い勝手が良いカードとなると、
リクルートカード(JCB)一択です!!!

※MyJCBへ登録できないカードは利用できません。(詳細はこちらを参照ください。)

最後に

スキップ払い』は便利な支払方法です!
「分割払い」「リボ払い」よりもシンプルなので、ぜひ上手に活用したいですね!
いま持ってるJCBカードが『スキップ払い』を使えないカードなのであれば、
リクルートカード(JCB)を作っておきましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました