家事の効率化は時短の宝庫 その2~ルンバは意外と安い~

時短

いままでの掃除って何だったの、、

まだまだ、掃除機を使っている人のほうが多いのでしょうか?

せっかく掃除機という機械を使っても、結局手と足を使ってでしか掃除はできません。

拘束時間の長いこと長いこと。

しかも、掃除機をかけるのって意外と体力を消耗しています。

お掃除ロボットをいま買うべき理由

全く新しい製品・サービスが出ると、最初のうちは不具合や値段が相当に高い場合が多くなかなか手が出しづらいものです。

また、その製品・サービスを提供しているのも1社のみで、競合がいない分強気な値段設定になっていることが多いです。

お掃除ロボットが世に登場してから、意外と時間が経ちました。(初代ルンバは2002年の発売)

さまざまなメーカーがしのぎを削り、性能・価格も相応になりました。

そして、いま史上最高のコストパフォーマンスと言えるお掃除ロボットが誕生しました。

ルンバe5

です。

正直、悔しいです(笑)

ぼくはルンバe5の発売前にルンバ870を購入していて、

「アプリで掃除の状況が見れたらいいのになー。でも900シリーズは高いし、、。」

「ダストボックス、水洗いできないのか。ちょっと気になるな、、。」

と思っていました。

「ルンバe5、全部、できるようになっとる!!!しかも、5万円!!!安すぎる。」

irobot社ももはや800シリーズを売る気はないようです。。

 

e5が強すぎるし、そりゃそうよね。

コストパフォーマンスの検証

ルンバe5はアイロボットストア価格でも5万円。

一日にかける掃除の時間が少なくとも30分だとして、例のごとく時給800円で計算すると、、

50,000円 ÷(800円 × 0.5時間)= 125日

3か月で元とれちゃう。

最後に

5万円とはいえ、結構大きな出費です。

まして、いま掃除機を持っているのならば、なおさら贅沢品に思えてしまうかもしれません。

でも、違うのです。

いままでの掃除機 ≠ お掃除ロボット

なのです。別物なのです。

ついに掃除機、冷蔵庫や洗濯機などの全自動の域に達したということなのです。

「脱水は手動の洗濯機」をいつまでも使っている人はいないでしょう。

家事を時短して、有意義な人生を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました