ニューエリートならぬ、ニューサラリーマンを標榜する

ニューエリート。社会に変革と新しい価値をもたらす、次世代のエリート。

ならば、俺はニューサラリーマンになる。

定義は簡単、社畜の逆を行くのである。

ニューサラリーマンの行動原理も単純、

・我慢しない

・好きなことだけする

・得意なことだけする

・会社のために働かない

・自分と家族のために働く

・上司のために働かない

・同僚や周りの人のために働く

・意味ないと思うことはしない

・望まれていないことはしない

・怒られて済むことなら頑張らない

・愛想よくする

・出世は目指す

例を挙げよう。

今日納期と言われていた仕事があって、終業時間になるまで忘れてた場合、

帰りたいのを我慢せず、明日にしていいか愛想よく尋ねる。

上司があれもこれも必要といっていて、自分は必要とは思わない場合、

同僚や後輩や他部署の人に仕事をお願いすることなく無視する。

先輩に「もしかしたら、上司報告でここを深く質問されるかもしれないから調べておいて」

と言われて俺は質問されないと思う場合、無視する。

やっぱり必要だったり質問されたりしたときは、

「ごめんなさい調べてません」と謝って、そのあと調べる。

「この仕事何の意味があるんだよ」と思ったら帰る。

好きな仕事や得意な仕事は、普通に取り組む。そしてドヤ顔で成果物を提出する。

出世したいですっていうのは伝えておく。

自分が楽しいと思える雑談は積極的にする。

まとめると、「自分自身を好いてもらって、好かれた結果出世する」ことを目指す。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました